Monthly Archives: 8月 2010

謙虚

 久々の更新

すっかりmixiにどっぷりはまってしまって
ブログやサイトの更新を怠ってました。
でも最近はmixiも怠りがち。
ちょっとブログに戻ってみたいなあと思うこの頃
ふと思ったのだけど
”謙虚”
とは難しい。
控えめである、ということだけど
控えめすぎると卑下になる。
いえ、私は、、、と遠慮していても
その心が、「どうせ私は、、、私なんて、、、」
という、心があると、謙虚じゃなく卑下になる。
そして、それで、出来ない自分を慰めて納得、満足しているのだ。
ある意味、慢心ではないかと思う。
今あることを、前向きにとらえず、考えず、ただ避けている、逃げているだけ
すねているだけなのかもしれない。
きちんとなぜ、遠慮するのか、控えるのか?明確な理由があるのなら
それで良いと思うが、ただ、どうせ、わたしなんか、、、
ただそれだけでは、何も変わらない。
良いことも起こらないし、逃がしてしまうだろう。
自分が!私が!という心を出さず
相手を想いやった上での行動、態度
忍耐や、しっかりとした認識、考えがないと出来ない。
人は時として、欲が出る。
人より目立ちたい、良く思われたい、人より勝っていたい
でも
欲があるからこそがんばれる。
目標となるものがあるからがんばれる。
何のための欲なのか?
己自身を人として、高めるため、人の役に立つための欲なのか?
自分のための欲ならばほどほどにすることは、大事だろう。
人のため、社会の為の欲ならば大いに良いだろう。
いずれにせよ、お腹の底から自分を見つめることが出来ないと
正しい謙虚も欲の見極めも出来ないだろう。
自分に厳しくないと出来ない。
難しい。